使わなきゃ損!GoogleのWebアプリ「スプレッドシート」を紹介!

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、碧亥です。
今回はGoogleのWebアプリ「スプレッドシート」の紹介です。

スプレッドシートとは



スプレッドシートはGoogleが提供しているWebアプリの一つになります。
Googleアカウントを作成すれば誰でも使えるため、難しい手順必要無く使用する事が出来ます。

Excelと同じように計算したりグラフやリストを作成したり出来ます。
またExcelで使用出来る関数はSpreadSheetでもほとんど使用出来る物になっております。
Excelの知識をお持ちの方はすぐに色々と使えるわけですね。

またSpreadsheetはGoogleのクラウドである「Google Drive」に保存されるため、ネットワーク環境さえあればどこでも閲覧・編集することが可能になります。
※Spreadsheetを直接デスクトップに保存する場合はExcelかcsvの形式になります。

スプレッドシートのメリット

スプレッドシートはExcelと異なり、メンバーに共有するのが簡単になっています。
作成した本人がアクセス権限とURLを共有したい人に渡すことで共有することが出来ます。
またスプレッドシートは複数人が同時に開き、同時に編集することも可能となっており、情報の更新をすぐに閲覧することが出来ます。

「○○さんが開いているため~」というExcelの読み取り用のワードが一切出ないのでお手軽ですね。

スプレッドシートのデメリット

Excelで出来ることが全て出来るわけではありません。
また一部ショートカットキーの配置も異なるので、Officeに完全に慣れていると最初は扱いにくいかもしれません。
クラウドに保存されているので情報の扱いには気をつけるべきとも言えます。
Googleのアカウントを第三者に使用された場合SpreadSheetは全て閲覧されてしまう訳ですからね、気をつけましょう。

スプレッドシートの使い方



スプレッドシートは基本「GoogleChrome」で使用しましょう。


Chromeを開いたら右上のメニューからドライブを選択します。


マイドライブが開いたら左上の「新規」をクリックします。
選択肢に「スプレッドシート」があるのでスプレッドシートをクリックしましょう。


クリックするとこの様にスプレッドシートの画面が表示されます。
後はExcelのように操作が出来るようになります。

これでスプレッドシートの作成手順は以上になります。

最後に



如何でしたでしょうか。
Excelを持っていない方はこれを機会にスプレッドシートを使ってみるのもありだと思います。
ある企業ではExcelを廃止してスプレッドシートに以降しているところもあります。
またスプレッドシートにはスクリプトの機能もあり、リストを自動化することも可能です。

今後まだまだ進化する可能性のあるスプレッドシートを是非使用してみてください。

長くなりましたが以上となります。
ではでは。

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから