誰でも簡単にGIFがキャプチャー出来る「ScreenToGif」の紹介

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、碧亥です。
今回はフリーソフト「ScreenToGif」の紹介です。

ScreenToGifとは


「ScreenToGif」はウインドウの画面をキャプチャーしてGIFを作成出来るフリーソフトです。
操作が簡単で使いやすく加工も簡単なのでちょっとしたデータのやり取りなどで使うと良いでしょう。

ScreenToGifのダウンロード


始めにオフィシャルサイトリンクにアクセスします。

アクセスしたら上の方に「Download」というアイコンがあるのでそちらをクリックしましょう。
※8/5の時点で最新版は「ScreenToGif.2.8.1.zip」となっております。
ダウンロード出来たら「ScreenToGif.2.8.1.zip」を解凍しましょう。

解凍すると「ScreenToGif.exe」が表示されます。
こちらをダブルクリックすることで「ScreenToGif」が起動します。

これでダウンロード手順は以上になります。

※ScreenToGif.exeが起動しない場合は「Microsoft .NET Framework」のバージョンが古い可能性がございます。
その場合は下記の手順に沿ってアップデート作業を行ってください。

Microsoft .NET Frameworkのダウンロード



※バージョンが既に4.6.1の場合はスキップして構いません。

始めにこちらのページにアクセスします。
アクセスするとMicrosoftのページに飛びます。


言語を「日本語」に切り替えてから「ダウンロード」を押します。
「NDP461-KB3102438-Web.exe」がダウンロード出来たらダブルクリックでインストーラーを起動しましょう。


「同意する」にチェックを入れ「インストール」をクリックします。


インストール中はこの様な画面が表示されます。
バーが全て右側にいくまでしばらく待ちましょう。


インストールが完了するとこの様な画面になります。
「完了」をクリックしてインストーラーを終了しましょう。

これで「Microsoft .NET Framework」のダウンロード・インストール手順は終了となります。

ScreenToGifの使い方


ScreenToGif.exeをダブルクリックして起動しましょう。


初めにオプションの設定を行います。
「アプリケーション」タブを選択すると下記の画像のような項目が表示されます。


録画中にマウスカーソルを表示するにチェックが入っていると思うので、不要であればチェックを外してしまいましょう。
その他は特に設定する必要が無いため「OK」を選択してオプションを閉じます。

次は実際にGIFをキャプチャしてみます。


レコーダーをクリックします。


レコーダーをクリックするとキャプチャー範囲枠が表示されます。
下記に各項目を説明を記載します。

▼fps
 1~60で設定できます。数値が高いほど綺麗にキャプチャ出来ます。
※30~60fpsをオススメします。

▼px
キャプチャするウィンドウの範囲を設定出来ます。

▼記録(F7)
録画(キャプチャ)を開始します。

▼停止(F8)
録画(キャプチャ)を終了します。

実際何か試しに取ってみましょう。
アニメなどのOPを一部切り抜いてみると良い練習になるかもしれません。

なんでも良いのでキャプチャ行いましょう。
私は今回師匠である「アホガール」のよしこ様をセレクトしました。
「停止」を押すとエディタに移行します。


今のまま保存しても問題はありませんが、余分はfpsが残っていると綺麗になりません。
なのでまずは「編集」をクリックしましょう。


下の画像はフレームレートになります。

5~15までのGIFにしたい場合はフレームレートの4をクリックし左上の「以前を削除」をクリックします。
選択しているフレームレートより以前のフレームレートを削除することが出来ます。
この場合は1~3が削除されました。

今度は15移行が必要ないため、フレームレート15をクリックし「以後を削除」をクリックします。

これで5~15フレームレートのGIFの編集が完了しました。

次は保存方法です。
画面左上の「ファイル」をクリックします。
クリックすると上記のタブが切り替わるので「Save as」をクリックします。

フォルダアイコンをクリックしてどこに保存するか決めましょう。
下はファイル名になります。
私は今回「gif001」というファイル名にしました。

両方共入力したら「Save」を押します。
エンコーダーが表示され「完了」と出たら任意で指定したフアイルにGIFにが保存されているはずです。

▼実際作成したGIF

使い方は以上となります。

最後に



如何でしたでしょうか。
そこまで詰まること無くGIFが作成出来たと思います。
バージョンが上がる度に機能が更新されているのでこれからに更に期待できますね。

長くなりましたが以上となります。
ではでは。

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから