意外と知られていないWindows標準アプリ「Snipping Tool」の紹介

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、碧亥です。
今回はWindows標準のアプリ「Snipping Tool」の紹介です。

Snipping Toolとは


「Snipping Tool」は画面のスナップショットをキャプチャすることが出来るWindowsの標準アプリです。

Print SCreenと違い、自分の好きな箇所のみをキャプチャすることが出来るので資料の作成などに使用すると便利です。

会社で使用しているとなにそれ?と聞かれることが多かったのでWindowsユーザーの方は是非一度使用してみてください。

Snipping Toolの使い方


「Snipping Tool」は「アクセサリ」の中にはいっています。
まずはスタトーメニューから「アクセサリ」を選択しましょう。


見つかりましたでしょうか。
「Snipping Tool」を見つけたらクリックして起動します。


この様なウインドウが開かれると思います。
「新規作成」をクリックすると画面が真っ白になります。
その状態で自分がキャプチャしたい範囲を左クリック長押しで選択することが出来ます。

一度キャプチャをやめたい場合は「キャンセル」をクリックしましょう。


実際キャプチャを行うとこの様な画面に切り替わります。
保存したり軽く文字を書いたり編集出来ます。
Slackなどに貼り付ける場合は保存せずに「コピー」してSlackに貼り付けるだけです。


またオプションはこの様な項目を設定することが出来ます。
基本はデフォルト設定で問題無いと思いますが、自分の使いやすいようにカスタマイズしてください。

最後に



如何でしたでしょうか。
意外と使いやすいのに認知されてないアプリケーションは多かったりします。
付箋や電卓に埋もれてしまっていますが是非「Snipping Tool」も使ってあげてください。
きっと役に立ちますよ。

長くなりましたが以上となります。
ではでは。

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから