スパムコメントが一気に増えたのでいざ対策を!WordPressだからこそ出来る簡単な対策方法

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、碧亥です。
投稿期間が結構空いてしまいました。お仕事の方が忙しくて自宅でPCのを起動させることがほぼありませんでしたね。今後は落ち着いてくると思うのでまたぼちぼち再開していこうと思います。

久しぶりにダッシュボードを覗いた所、今まで影響がそこまでなかったスパムコメントが増加していました。

今回はそのスパムコメントの対策方法になります。

スパムコメントって?

ブログ等を開設していないと馴染みのない言葉かもしれません。スパムコメントとはウェブブログのコメント欄に記事内容とは関係のない高校等を無差別に大量に投稿することです。

つまり私が「この食べ物美味しかった!」という記事を投稿したのにコメント欄にはどこかの海外の掲示板のサイトのURLが貼られたコメントが500件以上投稿されている。この様な状況がスパムコメントを食らっている状態になります。


実際3日前にブログを確認したら普段は何も来ないコメントが980件になっており驚愕しました。この辺は本当に手を抜いてはいけませんね……

対策方法

そもそもコメントさせなければスパムコメント来ないんじゃない!?というお馬鹿な発想もありましたがコメントをくださる方もいるのでそんなことは出来ません。

という訳で今回もプラグインのお力を借りることにしました。今回使用したのはThrows SPAM Awayというプラグイン。

Throws SPAM Awayとは

Throws SPAM Awayは株式会社ジーティーアイにより制作されたスパムコメント対策のプラグインです。機能はコメントの投稿文に日本語が含まれないものは投稿されずにそのまま削除される物となっています。

現状私のブログに届いているスパムコメントは全て英語なのでうってつけのプラグインですね。


※こんな感じのスパムコメントが大量に届いています。

私のような被害者を減らすためにも導入方法も下記に記載していきます。

Throws SPAM Awayの導入


WordPressのダッシュボード左側のウィジェットから「プラグイン」→「新規追加」とクリックしていきます。



右上の検索バーにThrows SPAM Awayと入力してしばらく待つと左上に今回インストールする物が表示されます。「今すぐインストール」→「有効化」をクリックしましょう。

有効下すると記事のコメント欄に一文追加されています。

こちらは後ほど設定で文章を変更することが出来ます。とりあえず導入作業は完了となります。

Throws SPAM Awayの設定


WordPressのウィジェットに「Throws SPAM Away」という項目が追加されています。そちらをクリックしましょう。クリックすることで設定画面に移動します。


設定出来る項目は下記のとおりです。

・人の目には見えないダミーの入力項目を作成し、そこに入力があれば無視対象とする
・日本語が存在しない場合、無視対象とする
・タイトルの文字列が含まれる場合、日本語としてカウントしない
・日本語文字列含有数
・元の記事に戻ってくる時間
・コメント欄の下に表示される注意文言
・コメント注意文言の表示位置

他にもありますがこの辺の設定だけで事足りると思います。
上から順番に説明していきます。

人の目には見えないダミーの入力項目を作成し、そこに入力があれば無視対象とする

プログラムなどを用いてコメントを投稿した場合はこちらに引っかかる様になります。コメント欄は実際存在していますが、人には見えにくいようにカラーが変更されてたりします。Excelで背景を白にした後に文字も白くするようなものです。
よくわからない場合は何も考えずに「する」を選択しましょう。

日本語が存在しない場合、無視対象とする

そのままの意味ですね。海外サイトのスパムコメントはこちらを「する」にしておくだけで一切通らなくなります。という訳でこちらも「する」にチェックを入れましょう。

日本語文字列含有数

日本語が設定した数値以下の場合はスパムコメントの対象にする設定です。初期設定だと「3」が記入されています。この場合、日本語が3文字以下のコメントがスパムコメントとして認定されます。ここは好みで変更していきましょう。10~30くらいで大丈夫な気がします。

元の記事に戻ってくる時間

スパムコメントとして判定した場合エラー画面を表示するかしないかの設定です。
初期設定では「0」が記入されています。この場合エラー画面は表示されません。
ここは0で問題ないと思います。

コメント欄の下に表示される注意文言

上記で貼った画像の部分です。初期設定では「日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)」と記入されています。好きなように変更しましょう。

コメント注意文言の表示位置

上記の注意文言を「コメント送信ボタンの上」か「コメント送信フォームの下」に設定することが出来ます。こちらはあなたのブログに合わせて調整しましょう。

設定は以上となります。

実際導入した結果

導入してから3日ほど経ちますが現状スパムコメントは一切来ておりません。これは中々効果があったのではないでしょうか!なぜもっと早くこのプラグインに気が付かなかったのか……

最後に

如何でしたでしょうか。
上記で記載したとおり現状スパムコメントは来ておりません。このプラグインはWordPressを導入したら真っ先に入れるべきだと思います。
私のようにスパムコメントが増えてきて対策に困ってる方は是非「Throws SPAM Away」を導入してみてください!

長くなりましたが以上となります。
ではでは。

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから