人気漫画のコマをSNSやブログに自由に使える「マンガルー」を使ってみた!

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、碧亥です。
最近どんどん暑くなってきましたね。
喉風邪が流行っているので健康には気をつけてください。
近くに住んでいる猫様も最近溶け始めて気が気じゃありません……

さて、今回は著作権を気にせずにマンガのコマを切り抜いて、ブログやSNSに自由に貼り付けられる「マンガルー」について語ってみようと思います。

※先に注意しておくと、自身のブログを持っている方でないとサービスが利用出来ない可能性があります。


マンガルーとは

マンガルーは2017年2月28日よりリリースされたマンガのコマを「サイト」「ブログ」「SNS」で自由に使うことが出来るwebサービスです。

著作権に関しては問題なく、権利者から利用許諾を受けたものになっています。

マンガルーを使えば好きなコマをどれだけ貼っても誰にも怒られないということが良いですね!

またマンガルーで作成したコマは「アフィリエイト」が導入されています。
コマにカーソルを合わせると購入方法が出てきます。

これがマンガルーでコマを自由に使える理由なんですね。
使用すればするほど広告になるのでお互い良い関係だとは思います。

どういうマンガがあるのか

挙げだしたらきりがないので一部選抜すると
・ポプテピピック
・賭博堕天録カイジ
・アカギ
・メイドインアビス

などなど名作のコマが使えます。

マンガの数や作品がカテゴリー検索出来ない部分がまだ痛いところですが、まあこれは後に期待するとしましょう。

マンガルーの間違った使い方

マンガルーはコマを作るサービスですが、お試し感覚で漫画をそのまま数話読むことも可能です。
使用する側に対しのマーケティングもばっちりなんですねぇ。
せっかくなので色々読み漁ってみましょう。

マンガルーの登録手順

実際にマンガルーに登録する方法です。

初めにマンガルーオフィシャルサイトにアクセスします。

アクセスしたら少し下にスクロールするとメールアドレスを入力する欄が表示されます。

メールアドレスを入力して「利用開始」をクリックしてみましょう。
入力欄が色々出てきましたね。
上から順に
・メールアドレス入力
・サイトの運営者(私の場合は碧亥と入力)
・サイト名(渡しの場合はさくらクラフトと入力)
・サイトのURL

上記を入力後、利用規約同意にチェックを入れて「送信」をクリックします。

送信すると「あなたのサイト問題がないか確認するからちょっとお時間頂きますね」といった内容が表示されます。
早くて1~2日と記載されてますが、送ってから30分ほどでメールが届いてました。

どうやら無事アカウントが発行されたようです。(随分緩いセキュリティだなぁと思いました。
ではメールに添付されたリンクをクリックしてパスワードを設定しましょう。

パスワードを設定し、ログインすることでやっとコマ作成など行えるようになります。

コマ作成をしてみよう

ではさっそくコマを作成してみましょう。


初めに「コマをつくる」をクリックします。


キーワードから検索したり「新着」や「人気」のコマを選択することも可能です。
今回はキーワードを入力しましょう。

例として「ポプテピピック」を入力します。

出てきましたね!
ではさっそくポプテピピックを選択しましょう。


選択するとポプテピピック1巻のページがスクロール形式で全て表示されます。
ここから好きなコマを探してコマを切り抜きます。


使いたいコマを見つけたら画面をクリックします。
クリックするとトリミング画面に移行されますので、サイズを調整したら「コマを作成」を押しましょう。
※「コマを作成」を押すと5秒くらい処理が入ります。環境によってはもう少し掛かるかもしれませんね。

しばらくすると埋め込みコードや共有URLが表示されます。

※コードを隠す必要は無いかもしれませんが、念のため黒塗りにしました。

Twitterで流したり、Facebookでシェアもワンボタンで可能です。
大きさや幅を調整することも可能ですね。
▼実際作成したコマはこちら

以上がコマの作成手順です。

他者が作成したコマを使おう

今度は他の人が作ったコマを使ってみましょう。


「コマをさがす」をクリックするとタグから探したり、絞り込みが使えます。
先程私が作成したコマも新着に載っていますね(他の人も同じ物作ったんだろうなぁ……)

では「人気」のコマを拝借してみましょう。


全体的にカイジやポプテピピックが多いですね。
では一番左上のコマを使用します。


クリックすると先程同じ画面になります。
勝手は同じなので埋め込みコードをブログに貼り付ければ表示されますね。

▼実際に表示してみました。

以上が他の人の作成したコマを使用する方法になります。
簡単でしたね。


最後に

新しい形のビジネスのマンガルー
今後はどんな機能が増えるか楽しみですね。
個人的にはコマの内容を少しいじれたり、つなぎ合わせてオリジナルのマンガを作成するコンテツが増えると楽しみが増えると思います。

みなさんも是非面白い使い方を探してみてください。

よろしければシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから